55年代の男性が41年代独り身レディースとお泊まりデートを楽しむ体験談

55年の旦那のPCMAX書き込みです。年寄りの旦那の書き込みの総和が以前に比べるとさんざっぱら多くなっているように思います。とにかく幾つになっても恋愛をしたりセックスしたりするはライフの張りにつながりますよね。賢く出会い系サイトを使いこなしている個人が増えている感じです。会社で初々しい妻に手を出して以後問題になる危険を考えるなら、出会い系サイトで若い愛くるしい妻を見つけて密会を繰り返すほうが危険はないし大胆にもなれるし絶対にいいですよね。【55年の都内旦那】55年になってこれ程トキメキを感じ取れるなんてふさわしい話ですよね。マックスで知り合った41年独り身奥さんと2回眼のお泊まりのコミットメントをしました。次月上旬の女房がお休みのきのう、専業が終わってからです。初回が凄かったから此度も期待してしまうね。またあんなことやこんなことするのかな?朝からオモシロ想像してたらアソコが。。55年になってもアソコはまだエネルギーです(笑)団体のういういしい妻からも、今日顔付きのツヤがいいですねぇとか言われてしまいました。やっぱり恋心を抱いたりセックスしたりすることは偽造にも大きな影響を与えるんですよね。やっぱ今日も団体をめぐってきま~す。
優良出会い系サイトの条件を知っていれば選定ミスはなくなる

55年代の男性が41年代独り身レディースとお泊まりデートを楽しむ体験談

出会い系サイトでメールの攻防をする父親に恋心を抱く婦人

PCMAXの「巡り合い体験談」をクエスチョンしながら、真にみんなはいかなる巡り合いをしているのかを見てきました。今日はそんな女性の体験談を見つけました。栃木県の35年齢女性『旦那は「会いたいよ」「フェチだよ」何度も書いてくれる。でも、只会う話しは無くなったチック。昨日の思い出はなんだったのか?興奮して寝れなかったのはなんだったのか?私だけが浮かれて、盛り上がって、漸く会える!としてたのに。そういった予感はしてた。その事前もね、実はドタキャンされたんだ。出社で疲れたからって、待ち合わせ場所をめぐってたのに。泣きながらメイルして喧嘩した。でも次の日には「すまん」「ごめんなさい」触発。惚れてるデメリットですよね、「隠れ家だよ」のフレーズに許してしまう。だから今回もまた不可能かな?会わないな?って感じはしてた。旦那は何がしたいのかな?HPは見に来てるようだけど、客寄せかけてる訳じゃないし?メイルすれば「サッと会いたい」。不可能してるならメイルやめるよ?会う思いないなら、もはやメイル断ち切るよ?と言うと、「会いたくて仕方ないんだよ」の繰り返し。もー面倒くさい。ボケらしい、冷めてきた。会えない人の為に時刻無駄にしてる気がする。乙女性になり、セフレ的個人切ったのに。旦那と会いたくて待ち合わせ場所まで行ったのに。うれしくて浮かれたのに。何でもかんでも、メイルも心持ちも無駄になってる。旦那に儚くて、寂しくてほんのりあたると刺々しいメイルが来るから怖い。ダブル特異なのかな?「なんでも、かんも僕の所為としてください」「はい、ごめんなさいでした」みたいな?イヤ、あんたが悪賢いんですけど?(笑)って凄く言いたかったけど嫌われたくないから、言わなかった。でも、何がしたいのかまるっきりわからないからどーしていいのか?わたくしにもわからない。わたくしは好きな時にエッチしての暮らしだった。でも、今は旦那の為に(他の人には会わないで)言われたから、我慢してた。でも、もはやダメだー。会えない品待ってたって、エッチ我慢してたって旦那は会う思いないのだから。わたくしがわがままだと思いますか?強引だと思いますか?わたくしには一途なんて不可能だったんだな?って思うようにする。自由にエッチして生きて行こうと思います。』男性が「またドタキャンされた」みたいな内容の体験談は今までも目にしたことがありましたが、女性のこういった内容の体験談はやっと見ましたね。でもこういう女性のように、メイルだけでも盛り上がって隠れ家になっちゃう気持ちはよく分かります。それなのに会えなかったときの力抜けの心持ちもしばしばわかります(笑)自身色んな心持ちを抱えながら出会い系サイト使ってるんですね。でも男女ともに「ドタキャン」はお客様があまりにも可哀そうだから止めてほしいものです。例え出会い系サイトでの巡り合いであっても、自分の要望だけを満たすのではなく、お客様に対する少しの思いやりの心持ちを持ちたいものですよね。
セックスフレンドと愛人の違いがよく分かりますね

出会い系サイトでメールの攻防をする父親に恋心を抱く婦人

出会い系サイトで癒しのセックスを求める淑女

PCMAXの「顔合わせレビュー」を読むのにハマってしまってます(笑)エロいSEX描出満載のレビューから、女の子の本心を研究するようなレビューまであるので、出会い系サイトで如何に出会えるのかといった参考にもなるんですよね。今日はこういうレビューに注目してみました。大阪府の43年代パパ「ランデブーをした彼女は30頃の背丈のちっちゃい女の子でした。秋ところだったので、彼は赤いセーターを着ていたのですが、おっぱいが大きなことは一目でわかりました。私たちは共に彼女を確認すると、お決まりのプログラムでラブホに入りました。そこでちょっぴり話をしていたのですが、はなしの各国で彼は短く抱いてほしいとせがむのですが、何となく空気がオモシロので、どうかしたのか聞きました。身はセックスは好きですが、妙なわだかまりを有する通りや、彼女が後悔するようなセックスはしたくなかったのです。彼には複雑なあらましで、自暴自棄になっていたようで、それを忘れたくて、セックスがしたいと言いました。父親が女の子を癒すときは抱けばいい、なんてことを何かで見ましたが、身はこんなキザなことはできないので、彼に2年月くらいどんどん言いたいことを言わせたんです。スッキリしたのか、落ち着いた彼に身はセックスをするかどうか聞きました。彼は話を聞いてくれた謝辞にセックスしてもいいと、言いましたが、ニュアンスに流されてそういった気持ちでセックスをしたら、これから彼が後悔すると言って、結局彼は何もせずにラブホを出ました。ファッションつけてしまったけど後ほど勿体無いことをしたなぁと後悔しました(笑)」何かいい話ですよね(笑)共感してしまいましたよ。こういう女の子の場合は猛烈かもしれませんが、出会い系サイトを使ってると、何か不快事があったり不安な事柄・さびしいと感じることがあって、セックスを通じて癒されたいという女性が多いと感じます。そしてセックスをすると憑き物が取れたように穏やかな面持になったりすることも多いんです。自身がこういうパパの役職だったら絶対にセックスしてましたね(笑)セックス後にするはなしとか女の子への向き合い皆さんで、両人にとって「後悔ばかりのセックス」になるか「最高に癒しのセックス」になるかは決まるんだと思います。自分の事例を思い出しつつい何かと考えさせられた素敵なレビューでした。出会い系サイトってさすがあんな素敵な顔合わせもあるから止められないんですよね!
選定方法を検討する際に必要な情報はこれだけあります。

出会い系サイトで癒しのセックスを求める淑女

“みじめだった青春現代を50年代になってやり直しているダディーのPCMAX口コミ”

“50年代の男性がついに出会い系サイトを使い始めたという口コミを読んでみました。こういう男性が書いている「みじめだった自分の青春現代を、今になってやり直しているという印象」というフレーズに何だかジーンにあたってちゃいましたね(笑) こういう印象、果たしてよく分かります。40年代とか50年代の中年になったほうが、気持ちの剰余ができてういういしい女児の言明とか徐々に聞いてあげたりできるんですよね。若い頃はそんなこと全くできなかったのが。だから中年になったほうがモテるようになったという男性は多いと思います。でも普通は40年代とか50歳になると、実に初々しい女児とも巡り合いなんてないものです。その幕開けの点を出会い系サイトで調達するという戦術は非常に効率的だ。そしてもう一度、生活を楽しむはいいことだと思うんですけどね。家事を壊さない近隣に(笑)≪PCMAX口コミ・千葉県内ダディ(50年代)≫50年代になってこの先の人生を何かと考えるようになってきました。果して私の生活は好運だったのかと。そして、このまま生活終わってしまうのはあまりにも物寂しいとして、出会い系サイトというものを使ってみました。特に家事に不満があるというわけではないんですが。でも、普通を離れて一緒に夕食をしたり、たまにはドライブデートをしたり、そしてセックスしたりする女房がそれほど欲しくて登録してみました。職業もお忍びでも延々と続いていく平凡な日常の維持に、少しのスパイシー非日常が欲しかったんです。最所は給料制のあるインターネットに登録しましたが、メイルが無制限に送れるので全然答えがもらえませんでした。とある女性に聞いてみると、100通上記来ることもあると聞いてびっくりしました。仮に自分に100通のメイルが来たらはじめ通ずつ読んで一人ずつに答えを書けるわけないですよね。そんな感じだったので、出会えなければ意味がないと思い、所制で伝聞信望が割り方嬉しいPCMAXに登録してみました。給料制のインターネットも何人かの女性に会いましたが、はじめは遭遇類に飲みに行って、2、3回飲みに行った先に天運が合えばエッチするというタイプでした。PCMAXはマミーの先方が多くて選べるし、確実に会えてエッチも出来てます。50年代のオジサンも、20代や30代の若々しいマミーと色んな言明をしたり、メイルのやり取りをしたり、そしてカップルという暖かい雰囲気でエッチできるなんて、出会い系サイトを使う前までは思ってもみませんでした。みじめだった自分の青春現代を、今になってやり直しているという感覚があります。51年代に更に引退する心づもりですが、先半年間は目一杯遊んでみたいと思います。でも本音はひとりのマミーと後半長くお付き合いしたいんですけどね。”

“みじめだった青春現代を50年代になってやり直しているダディーのPCMAX口コミ”

“裏手でお尻叩かれて大興奮する27年代人妻のセックス評価”

“27歳人妻のPCMAXレビューです。PCMAXで出会った亭主に夢中でエッチな遊びを存分に楽しんでいるようですね。旦那は絶対にしたことがないようなエロい遊びを出会い系サイトで知り合った男とであれば普通に適うという人妻の多さに最初は驚きましたが、あまりにもこうしたレビューが多いので今ではそれが普通の物事なんだと感じるようになりました(笑)パパの知らない素顔を出会い系サイトで知り合った男性には見せるという実情がそこにはあるわけです。それってなんだかドスケベの極限のように思えます。≪PCMAXレビュー・千葉県内ママ(27歳)≫今の自分はPCMAXで知り合った亭主に釘付け。私の将来は全て亭主中心に回っているの!亭主が希望の胸元があいてるキャミと耳よりスカを着て、ドキドキしながら駅舎でランデブーしました。そしてそして、亭主がそうしてほしいというから、駅舎の便所でコミットメント通りにイヤッパンに。。たっぷり照れくさいんですが。。そして、コンビニでお酒と食べものを買って仲良くアナウンスながら宿屋へ行きました。昼だから空いてるホールはどうしてもあったのに、亭主は最上階のホールを選びました。初デートだからここにしたよって言ってくれるきめ細かい亭主です。ホールに入って大きな窓のカーテンを開けてみるとびっくりしました。露天風呂無料だったんです。こんなのはじめてで感動しちゃいました。乳幼児のようにキャッキャと喜んでる自分に手厚く両手をひろげて抱きしめてくれた。たくましい健康に抱きしめられて、恥ずかしいし、ありがたいし、全身の思いの丈が抜けそうでした。それからソファに座ってまたギューッと厚くてたくましい上腕で抱きしめてくれました。これ程ドッサリした男と知り合ったのはやっとだけど、何とか男性は逞しいのがいいですよね。それから、駅舎からイヤッパンになってた耳よりスカの中に亭主の拳固が入り込んできました。アソコはもう一度熱くなっててヌレヌレでした。ほんのり触られただけでもイキそうな環境だったけど、何度もイク崖っぷちで止められて、もはや心がボーッとしておかしくなりみたいになっちゃって、常にアソコはヒクヒクしていました。そこから亭主にご奉仕をする。イマラチオもされて私も興奮しちゃいました。苦しくて涙が出ちゃうんだけど、亭主に喜んでもらいたくて頑張ってご奉仕しました。そしてシャワーで浴びたあとは、手錠、几帳遊び、それから両乳首にローターを付けられるという恥ずかしい遊び。めっちゃいぢめてもらいました。乳首だけでイッちゃったの。そして何だか左側耳が果てしなく感じちゃって。耳もイッちゃったよ。こんなのはやっとです。無論亭主のアレがワタシの中に入った時もイキまくりました。豊富イキ過ぎて今や心がガラガラです。背面では、お尻叩かれたり、上腕や髪を引っ張られて、大興奮してしまったワタシ。こんなこと書いたらワタシがマニアなのがバレちゃうね(笑)”

“裏手でお尻叩かれて大興奮する27年代人妻のセックス評価”

“アプローチを握れば客の内が伝わる知覚を久しぶりに味わえたPCMAX体験談”

“また人妻が本気の異性をするという書き込みを見つけました。果たして多いですね。満たされていない人妻ってこんなに多いんですよね。そのあたりのリアルな調が出会い系サイト書き込みを読んでいるとはたしてよく分かります。客観的に見るとそれは「不倫」なわけですが、当人にすればそれは一番「本気の異性」で、退屈な日頃を埋め合わせてくれる唯一の有だったりするわけですね。出会い系サイトの書き込みは女の本音で溢れかえってある。≪PCMAX書き込み・奈良県内女(39歳)≫こんな風にコツを握れば目当てのハートが伝わるなんて調を味わえたのは大学生のとき以後かな。そして辛く抱き合えば目当てのハートが自分にも響いてくる。メッセージなんて交わさなくても、お互いの事を深く理解しあえる。キスを交わせば、目当てのハートを鷲掴みしたくなる衝動が抑えられない。よもや出会い系サイトでの遭遇でこんなにも夢中になる相手に出会えるなんてね。自分が最良びっくりしてます(笑) 会えばますます一緒に公園のベンチで抱き合う。思う存分ハートとハートが繋がってる調。最近はこういう瞬間の為に毎日常に頑張っているという感想。ハートが喜ぶ調が心とボディーにヒシヒシと伝わってくる。ただ、悲しいことに時刻が限られている。独身の頃という自由は両者乏しい。そして離ればなれになるとどうしても寂しくなる。これが本物の異性って訳なんだろうな。教え子の頃に置き忘れてきたような体験が20時代振りに心に戻ってきた。いつまでも心の中に残して置きたいこういうモチベーション。”

“アプローチを握れば客の内が伝わる知覚を久しぶりに味わえたPCMAX体験談”

“41年人妻が出会い系サイトで本気で恋をしている評価”

“41歳人妻が出会い系サイトで本気で異性をしているという評定がありました。このモデルって必ずや多いんですよね。いまいち表立っては語られない人妻の本心ってこんな感じなんですよね。≪PCMAX評定・宮城県内淑女(41歳)≫自身はこのサイトでの本気で色恋が出来ました。年甲斐もなく言っちゃいますが(笑)、○○さんの事がたっぷり大好きです。四六時中メイルしてて果たして嬉しいし、お兄さんというお客様だし、もう何ともくらい大好きなんです。でも、お互いに世帯があるので、それを壊さない周辺に情愛を育んで行けたら仰山嬉しいです。○○さん絶えず有難う。しょっちゅう情愛を頂きまして有難う。○○さんに出会って、さらに目新しい将来が始まったかのように感じています。人間を女房として意識するなんて件、久しくなかったことですから。思い切ってPCMAXのホームページを覗いてみてよかったです。こうした素敵なコンタクトがあるなんて意思もしなかった。これからの将来、どうなっていくかは思い付かけど、今まで押し殺してきた自分のメンタルというものを、惜しくも素直に表現していきたいとも思っています。ただ幼児にだけは迷惑をかけないような節度も忘れずに。”

“41年人妻が出会い系サイトで本気で恋をしている評価”

“人妻とラブホテルでセックスしている最中の心霊クチコミ”

“今まで見た事がないような変わったPCMAX評価を見つけました。読んでいてまだまだもの凄くなりました。ただのエロいセックス評価を読もうとしていたのに、途中から心霊経験になっていましたからね。こんなこともあるんですね。≪PCMAX評価・都内紳士(49歳)≫MAXで出逢った人妻と今までに何度もラブホにお泊りしてセックスしてきました。でもその日だけはいつもとは違う体験をすることになったんです。その日は私の役回りが終わる夜の7らランデブーを通じて、ごちそうと飲みを楽しんだ後半、ラブホへ向かいました。繁華表通りから旅館表通りに向かい、旅館に入室しました。正面で渡されたロックは307号室。エレベータで3床へ上がり広間のドアを開けたひととき、何かとても不快雰囲気を感じたのたですが、人妻はいつも通りに靴を脱いで内部へ入って言う。まぁ何か気のせいかなと思い、私も内部へ入って行きました。ゆっくりと寛ぎながらコンビニで買ってきたジュースをソファーに座りながら飲みました。その頃になると先ほどの不快雰囲気のことなどはさっぱりと忘れて、人妻のオッパイを揉みながらクリを愛撫。アソコから情愛液が流れ始めて我慢できなくなったあたいは人妻のアソコに面構えを埋めてクリを舐め回していました。アソコはどんどんグショグショになってきて至急もインサートできる条件でしたが、クリを舐めながら指をインサート。喘ぎ意見と共に淫らな文句を連呼しながら私の面構えを陰部に押し付け、腰を変位反映に振りまくりながらイってしまいました。すぐに一括イってしまった人妻と共に湯船部屋に向かったあたいは、すでにキラキラになっているチン○を人妻の口に含ませて、要するに陰部に挿入するように腰を振りました。それから人妻の両手をバリアーに付かせて、唾液でじっとりになったチン○を立ちバックで挿入する。あたいは腰を変位反映に動かしながら人妻の腰を押え、あたかも獣のようにアピールを貪り合いました。またホットを迎えた人妻とあたいはシャワーを浴びてベッドに寝転びました。とっくに二回もイってしまった人妻のボディーはかなりセンシティブになっていて、クリを少々愛撫しただけで情愛液が流れ落ち、本人私の指を陰部へと持っていき腰を振りながら、淫らにチン○を求めてきました。人妻を体の上に乗せて騎乗レベル状態で挿入したあたいは腰を変位しながら揺れるミルクを愛撫していたら、何か影のようなものがバリアーを通り過ぎていくのを敢然と見ました。旅館のドアを開けた瞬間の違和感を思い出してしまいました。でもアピールを求め合うカップルは欲情を満たすまで凄まじくボディーを貪り合いました。そして性的野望を存分に満たす人妻とあたいは睡魔に襲われながらもシャワーを浴びて、そしてベッドへ。ベッドに入ったカップルが寝てしまうまで、まるで時間は必要はありませんでした。寝ていた私の耳元で、淑女の微かな意見がバリアーから聞こえた。何を言っているかも思い付か微かな意見で。横の広間の淑女の意見かとも思ったが、女性だけで紳士の意見はしない。ぐっすり考えてみると、こういう307号室は隈広間でベッドも横の広間に隣接してないはずだ。何しろ何かがいると認識したポイント、バリアーに徒歩の裏を付け擦るように近付いてくる雰囲気を感じ認識が保証となった。淑女の霊だとしたら人妻に危害を加えないかと心配になって身体を人妻のお客様へ向けようとしたが身体が貫く。あたいは人妻には行かず、来るならあたいへ来い、と心情で叫びながら身体を動かそうともがいてた。それからどの位の間隔が過ぎたのか思い付かが、いよいよ身体が軽々しくなって身動きがとれるようになった。意見も出た。人妻は隣席で何も無かった様にちっちゃな寝息をたてていた。安心したあたいは人妻の乳首と陰部をしばらく愛撫していたら、寝息は静かな喘ぎ意見になって言う。その喘ぎ意見でドキドキがいよいよドキドキがほぐれてきたあたいは手遅れペースでチン○を挿入し続けました。何とも言えない恐い経験でした。”

“人妻とラブホテルでセックスしている最中の心霊クチコミ”

“ゴムゼロ中間出しセックスが大好きな30代おばさんとの書き込み”

“出会い系サイトとしていると正に色んな女性がいるなぁと思いますよね。こういうPCMAX口コミの女性もある意味で変わったタイプでしょう。「ゴム着けてると清々しくないし、内側取り出しの時間は超すがすがしい」と言ってくれるような婦人といっぱいセックスしたいですよね(笑)≪PCMAX口コミ・愛知県内ダディー(51年)≫休暇過ぎて仕方ない時は、出会い系サイトとして楽しみながら歳月を過ごすというのを個数年来始終続けています。とあるクライアントとの面白い歳月、ほんとに清々しい頼もしい歳月を過ごすことができました。その方は30代でスマートで美しい体調、牛乳は小ぶりではありましたが陰が良くかなり垂れてもなく秀麗だった。そしてそれよりも何よりも極度の「けつフェチ」の自分にとって最高のお尻のオーナーだったんです。随分張りがあって、少々大柄。スマート類なのにお尻の肉付きだけは別格というフィーリングなんですよね。あんなソソるお尻にどうしてもエロい感じのインナーを着けてたんです。理由は一部分なんで、宿屋に到着するとお互いにお風呂場へすぐに行きました。洗い合い触り合い舐め合いながら、さんざっぱら盛り上がったところでベッドへキロ。出会い系サイトとしている女性でも受身のタイプが多い内側、攻めるのがフェチって嬉しいことを言ってくれるんです。なのでマグロで最後までお任せしちゃおうかとゴロ寝してみました。キスから始まり、彼氏は下位へと、中央はやさしくいやらしく響き立てながらジュルジュルとしてくれました。姿勢を入れ替えてシックスナインになった事で、攻めに転じてアソコを舐めまくりアナルも弄ります。強い濡れ濡れでトロ~っとした液が面持に垂れてくる程度でした。そして自ら、バック騎乗位で挿入してきました。ただただ大きくグラインド、その後はもっと姿勢を反転させてノーマルな騎乗周辺に。ディープキスしながら腰はいやらしく大きく動かして、もう少し我慢しようと思っていたのに敢え無く爆発するような勢いで射精してしまいました。ついに会った婦人とゴム無しで中出ししてしまいました。安全かなぁと思っていると、彼氏はゴム着けてると快くなれんし、内側取り出しの時間は超気持ちいいからいいよ!と言ってくれました。恐れ入ります、こういう心意気(笑) ピル飲んでるから冷静だとも言ってました。しかし色んな女性がいますよね。そしてセックスのスタンスも十人十色という感じで。だからこそ色々な婦人とこれからも交わりたいなと思います。まぁゴム無し内側取り出しは懸念はあるかもしれませんけどね。”

“ゴムゼロ中間出しセックスが大好きな30代おばさんとの書き込み”

“将来を揺るがす将来最大の事例にまで発展したPCMAXでのロマンス”

“PCMAXで軽い気持ちで出会って、ザクザク恋人にのめり込んでいき、くらしで最大の異性として、そして食い違いを積み増し、最後の最高に涼しいお別れセックスを通して、別々のくらしを歩み出す、そういった色んな考えが詰まった47年齢マミーのPCMAX書き込みを見つけました。こういう切なくも優しい書き込みを何とぞ読んでみてください。≪PCMAX書き込み・都内マミー(47年齢)≫前日恋人からメールアドレスが来ました。自身が「最後のメールアドレス」という肩書きでメールアドレスを送ったんですが、メールアドレスチェックをしていなかったそうで、少々自身がメールアドレスを送ったことに気付いていなかったようなんです。恋人から答えがあって「今度の土曜日に会えないかな?」と書いてあったんです。多少考え込みました。土曜日は何も予定はないし会えるけど、どうしようか。。「このまま無視してもいいんじゃないか?」「いよいよ別れただし、今さら会う目的はあるかな」「でも何だか、きちんと反応くれたのは素晴らしいしな」「今回会わないと、後ほど後悔するかも」「ちゃんと最後のお別れしたをしたがいいかも」「もちろん恋人に会いたい気持ちは抑えられない」といった感じで結局は会いに行くことにしました。土曜日に、初めて会ったスポットで会おうに関してになりました。その想い出の場所に着くと、いまや恋人が待っていました。最後は私のことを忘れたいと言ってたのにペアの腕時計を断然付けてきてました。お互いに僅か照れながらも戦法を繋いで銀座へ向かいました。セレブな恋人は銀座がとことん似合うんですよ。恋人と私じゃ釣り合わないよなーと常に感じていたことを今日もまた思い出す。恋人はお洒落なお店にもほんとに細かくて、今日は落ち着いた傾向のイタリアンのお店でランチしました。こういう一月半、お互いにいかなる気分だったのか率直に打ち明けました。本音で語り合ってみると、二人の考えがすれ違ってしまったのは私の後ろ向き体系が発端だということが分かりました。まぁずいぶんと時間がかかってしまったけど、せっかく二人の考えが一つになって最後の日を迎えることができたは嬉しかったです。最後のお別れセックスも最高によかったし、気持ちを込めて愛のあるキスも長時間して、ちゃんと会ってお別れできたことがありがたくて、本当に最後のエンドなのに不思議と儚くはなかったんですよね。もっと家内じゃなくなったのは侘しい事で、多少は恋人のことが欲しくてきついだろうけど、恋人との3通年を素敵な想い出に変えることが必ずできると思えました。ほんの軽い気持ちでPCMAXから始まった異性。私のくらしを揺るがす、私のくらし最大の出来事でした。多分ここまでヒューマンを好きになることは再び無いんだろうな。”

“将来を揺るがす将来最大の事例にまで発展したPCMAXでのロマンス”